#11 海東剛哲さん②留萌ならではの魅力

今回は、北海道・留萌観光協会

常勤理事・海東剛哲さんの2回目です。

地域振興を牽引するお一人として活躍されている海東さん。

手がける数々の観光事業は

他でもない留萌ならではの「魅力」

留萌の「潜在力」に注がれる 海東さんの視点によるものでした。

 

#10 海東剛哲さん①ほめられたい♡

今回のハッピーパーソンは、北海道・留萌観光協会

常勤理事・海東剛哲さんです。

原動力は「ほめられたい!」

風貌が、あのハリウッドスターにどこか似ている海東さん。

故郷を離れ、東京で俳優業をしていた頃のお話から始まりました。

#9 谷龍嗣さん③100%の幸せ

北海道・留萌市のお坊さん、谷龍嗣さんの3回目です。

悲しい時、苦しい時、ともにいること、手を差し伸べること。

生きている人のためにある仏教を広めていきたいという谷さん。

仏の道が伝える「100%の幸せ」とは…?

心にしみいる時間でした♡

 

#8 谷龍嗣さん②霧の中を行けば覚えざるに衣湿る

北海道・留萌市のお坊さん、谷龍嗣さんの2回目です♪

谷さんは、留萌高校の吹奏楽部の指導にも力を注いでいます。

留萌青年会議所の理事長でもあり

各地から音楽合宿を誘致する活動で注目されるなど

まちづくりにも意欲的です♪

 

「霧の中を行けば覚えざるに衣湿る」…

 

様々なフィールドで得た経験や実感は

仏の道をあらためて知る機会になっているそうです。

収録は、エフエムもえるの船場スタジオで行いました。

緑に囲まれた素敵な空間でしたよ♡

 

 

 

 

 

#7 谷龍嗣さん①超プラス思考・仏の道を伝える

今回のハッピーパーソンは北海道・留萌市のお坊さん!

谷龍嗣さん(曹洞宗 天総寺 副住職、聚福寺 院代)です。

曹洞宗の布教師でもある谷さん。

なにやら、布教師の養成所もあるそうで…?

興味深いお仕事の舞台裏から、お話は始まりました♪

 

 

#6 高橋隆光さん③幸せを感じる3つの「E」

北海道・新篠津村の高橋隆光さん、3回目です。

村役場勤務時には

村の不良少年や不良少女の「心」を推し量り

時に、彼らの力が発揮出来る機会を創ることもあったという高橋さん。

周囲を明るくし、高橋さんご自身も幸せになる鍵は

3つの「E」でした。

 

#5 高橋隆光さん②新篠津村を有名にしたい!

北海道・新篠津村の高橋隆光さんの2回目です。

生まれ育った新篠津村が大好きだという高橋さん。

役場勤務時代は、村を有名にしたい!という思いで専念。

他の市町村が、テレビ局の取材を受けることに躊躇する中

「頻繁に取材に来てもらっても、ネタに困ったことはなかった!」

と、当時を振り返ります。

 

#4 高橋隆光さん①マーボとターボの出会い

今回のハッピーパーソンは、北海道・新篠津村の高橋隆光さんです。
実は、高橋さん。
シンガーソングライターのみのや雅彦さんとは、「マーボ」「ターボ」と呼び合う仲。

村役場に勤務する傍ら、プライベートでは
長年みのやさんのマネージメントを買って出て応援し続けてきました。

みのやさんとの出会いは、”人生の転機”だったそうです。

 

#3 田中美智子さん③美智子のLoveストーリー

田中青果(北海道留萌市)の田中美智子さんは
野菜ソムリエとして、生産者さんのもとで自ら選んだ野菜を使った
新たな”ソウルフード”を創ることにも意欲的です。

「Love Pickles」は、美智子さんの感性が生きた人気シリーズ。
「愛ある食卓」のお手伝いをしたいという美智子さんの”愛”がこめられています♪

 

#2 田中美智子さん②心の根っこにあるソウルフード

今回のハッピーパーソンは、
前回に続き、田中青果北海道留萌市)の田中美智子さんです。

「やん衆にしん漬け」復活のために明け暮れた新婚時代のエピソードや
“心の根っこにあるソウルフード”への思いを伺っています。